【Daiso】ダイソーおつまみ部(しっとりいか天、やわらかさきいか、かわはぎ、やわらか鮭フライ、焼きえいひれ)

100円ショップ
SONY DSC

ダイソーおつまみ部がお送りする第二弾となります。よろしくお願いします!

しっとりいか天

内容量 28g

栄養成分表(100グラムあたり)

  • エネルギー 494kcal
  • タンパク質 12.2g
  • 脂質 28.6g
  • 炭水化物 43.7g
  • 食塩相当 2.2g

上の写真のお皿の直径は約21㎝(セリアで購入)

触感は本当に柔らかい。醤油の味と小麦粉の風味そしてイカの味もしっかりとするので酒のつまみとしても良いしおやつとして食べるのも有りだなと思う。味は濃い目!濃い目が好きならおすすめできる一品。日本酒にもビールにも合う印象。

やわらかさきいか

内容量25g

栄養成分表(100グラムあたり)

  • エネルギー 294kcal
  • タンパク質 36.3g
  • 脂質 0.3g
  • 炭水化物 36.6g
  • 食塩相当 2.3g

ダイソーおつまみは種類が豊富。迷ったらこれを買っとくと良いと思うし、複数買うならこれも入れとくと無難。

味はダイソーおつまみの中でもっとも濃厚。イカの味と塩っけが最高。しょっぱいのが食べたいなと思ったらこれがベストチョイスではなかろうか?そして酒屋とかコンビニで売ってる商品とまったく遜色ない。

控えめにいって酒のつまみとしては最高!!!最高of最高!!!!最高オブザイヤー受賞!!!!(注意:感じ方には個人差があります)。

かわはぎ

内容量 14g

栄養成分表(100グラムあたり)

  • エネルギー 332g
  • タンパク質 33.6g
  • 脂質 1.2g
  • 炭水化物 46.6g
  • 食塩相当 6.6g

袋から取り出した時の第一印象は、これだけ?一枚なの?ちっさ!!!だった。匂いを嗅ぐと魚臭い。これはいける!実際こういった干物類については臭いものは旨いものである。

一見やわらかそうに見えるが噛み切ろうとすると結構な抵抗があり噛み応えがある。基本的な食べ方としては噛みちぎって口の中で咀嚼して味を堪能して飲み込むそんな感じになる。

塩気は薄目でカワハギの味が全面に出ている。噛めば噛む程口の中にカワハギの風味が広がっていく。ぶっちゃけ珍味なので初めての人には、初めての味!知らない味だ!という新鮮味もあるだろう。

人によっては癖をかんじるかもしれんが酒飲んでる人は味覚はそんなに繊細じゃないと思うのでセーフかと(偏見)ビールよりも日本酒が合いそう。100円なので遠慮せずお試しあれ!

やわらか鮭フライ

内容量 29g

栄養成分表(100グラムあたり)

  • エネルギー 416kcal
  • タンパク質 10.3g
  • 脂質 15.0g
  • 炭水化物 60.0g
  • 食塩相当 4.3g

しっとりいか天は短冊状でしたがこちらはスティック状に近い形状です。鮭をすり身にしてから成形してるので触感はソフト。焼き魚の鮭のイメージで食べると???になると思う。

味は薄目、鮭っぽさも低い。繊細な舌の持ち主でないと楽しめないかもしれない。

終始「いま俺は何を喰ってるんだ???」という感じだった。塩じゃけに慣れ過ぎた馬鹿舌の男の末路なのか?この食品がというよりは自分の舌が感じる味覚に一石を投じるおつまみなのであった…。

焼きえいひれ

内容量 11g

栄養成分表(100グラムあたり)

  • エネルギー 303kcal
  • タンパク質 40.0g
  • 脂質 0.7g
  • 炭水化物 34.1g
  • 食塩相当 5.1g

まずは少ない!と感じた。歯ごたえはしっかりとしていて噛めば噛むほど味が出てくる系。今回はじめてエイヒレを食べたが旨味もまぁまぁ強く塩気も十分感じる、魚臭さもないのでイカの味に飽きたらこれは有りだなと思った。

1グラム当たりの単価が高いので100均のなかでは高級食材に相当することになる。ちょっと良いもの。ちょっと高級なものを食べたいと思ったらこのエイヒレがお勧め。

実は100均で高級なものも食べれるのだ。知ってた?どやぁ。

まとめ

今回実食した物に個人的順番をつけてみた。

第一位 やわらかさきいか(絶対王者)

第二位 焼きえいひれ(正直思ってた以上に美味かったというサプライズ込み)

第三位 かわはぎ(癖はあるが、魚を喰ってる感を感じた)

第四位 しっとりいか天(イカシリーズの下位互換品、小麦と油でカロリー激増。脂っこい物が必要ならこれもあり)

第五位 やわらか鮭フライ(すり身で歯ごたえがない。柔らかい物好きならあり。自分は次は買わないかな)

やわらかさきいか≧焼きえいひれ>かわはぎ>>>しっとりいか天>>>>>>>>>>>>>やわらか鮭フライ

食べ過ぎに注意しましょうのコーナー

イカはプリン体が多いため、食べ過ぎには注意が必要な食材。 なぜなら、プリン体は一般的には肝臓で代謝されて尿酸となり尿中に排泄されるが、尿酸の量が多くなり過ぎると血中にたまり痛風発作の原因となってしまうのだ。 したがって痛風の方は、食事から摂るプリン体を1日400mgに制限されている。

以下引用元

イカの栄養と効能~種類別の栄養についても詳しく解説~ | H2株式会社
お刺身やフライなど、調理方法も多いイカには、私たちの体に嬉しい栄養素がたくさん含まれています。そこで今回は、イカの栄養と効能について分かりやすくお伝えしていきます。さらにイカの食べ過ぎによる注意点もご紹介しますので、最後までお付き合いください。
タイトルとURLをコピーしました