スポンサーリンク
人気投資サイト!

【金融用語・超簡単解説】逆イールド

金融用語
スポンサーリンク

短期金利が長期金利の利率を上回る現象。例えば2006年にアメリカの政策金利(FFファンド)が米国債10年物の金利を上回ることがあった。

最近では2022年3月30日に米国2年債の金利が米国10年債の金利を上回った。通常は順イールドと言って期間が長い債券の利率の方が高い。

発生条件としては、目先のインフレ懸念が強い。短期金利の急騰があげられる。

景気後退や株価が調整に転じるシグナルとされている。

ポイント:イールドとは利回りの事。債権の購入には注意を払う必要がある。過去に米国債の逆イールドが発生した時は、米国株は上昇、日本株は下落するパターンもあった。

タイトルとURLをコピーしました